フコイダンの幅広い効果に期待

結婚し子どもを出産して育児に追われるようになったころから、慢性的な胃の痛みに悩まされるようになりました。
胃のあたりを手で触ると胃が固くなっているような感じもし、長引く痛みに何か重篤な疾患の前触れかもしれないと不安になりインターネットで色々と調べました。
胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、逆流性食道炎などたくさんの胃の疾患を調べては自分の症状にあてはまるものがあると怖くなってさらに胃が痛む・・・という負のループに陥っていました。
今考えると育児からくるストレスだったのでしょうが、当時は受診しても分からない、薬を飲んでも治らない胃の痛みに毎日が不安でした。

色々と胃の痛みについて調べているうちに、ピロリ菌という菌の存在を知りました。
ピロリ菌は胃酸にも打ち勝つ強い菌で、胃壁を攻撃して胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因となるということを知りました。
高齢者になると70%はこの菌を保有しているということで、30代といえどもしかしてピロリ菌を保有しているのか?だからこんなに胃の痛みが続くのか?とこれもとりとめない負のループに陥っていました。
そんな時にピロリ菌を除去する効果があるフコイダンを知りました。
名前自体は初めて知りましたが、昆布やわかめ、もずくのヌルヌルとした成分の事です。
このヌルヌルとした成分がピロリ菌を一緒に胃から排出してくれるという素晴らしい成分でした。
さらに調べていくとこのフコイダンはピロリ菌の除去だけでなく、抗がん作用や抗アレルギーの作用など体にいい効果が期待できるということで注目され研究されているようでした。
各種メーカーからもフコイダン関連のドリンクやサプリメントなどの健康食品もたくさん販売されていました。

よくわかめたっぷりのスープは美肌にもよいと推奨されていることもあったので、これは一石二鳥だと食事には積極的に取り入れるようになりました。
今までもずくはご飯のおかずにもならないし、子どもたちも苦手だろうしと食卓に上ることがありませんでした。
私自身も買ってまで食べたい食品ではなかったのですが、ピロリ菌除去、がん予防の効果があると知った以上これは食べるしかないと今では週に1度はもずくが食卓に出ています。
わかめもサラダやお味噌汁などあちこちに入っています。

フコダインはさらに育毛の効果もあるようです。
確かに海藻は髪の毛にいいイメージはありましたが、本当にフコイダンはピロリ菌から育毛まで幅広い効果に驚きです。
主人が40歳手前にして髪の毛を気にし出したので、フコイダンをたくさん取って、がん予防、育毛と効果が出たらいいなと思います。

コメントを残す

*