フコイダンを含んだ食品

健康的な生活を考えたとき、フコイダンは最適な成分になります。
フコイダンには抗癌作用の他、コレステロール、高血圧を下げる働きがありますし、今多くの方が悩んでいる花粉症などのアレルギーを抑える効果もあるのです。
フコイダンを摂取すれば、日頃感じる体調不良から癌に至る重大な病気も予防、改善させることができるのです。

では実際にフコイダンを摂取したいと思った時、まずはどのような食品を摂ればいいのか気になると思います。

フコイダンはモズクや昆布、わかめなどの海藻類に多く含まれています。

昆布はお味噌汁を作ったり煮物を作るときのダシとしてよく利用しますね。
最近ではダシに粉末状の調味料を利用される方も多いですが、粉末状の調味料の代わりに昆布でダシをとることにより、毎日無理なくフコイダンを摂取することができます。

また、ダシをとった後の昆布は、細かく刻んでみそ汁の具としても活用できますし、煮物の際に一緒に煮ることでおいしくいただくこともできます。

わかめも同様に、みそ汁に入れたり、酢の物として利用することができます。
わかめはモズクや昆布と比べると、その調理法も種類豊富ですので、毎日の食事に手軽に取り入れていくことも可能になります。

モズクについては、わかめや昆布に比べると若干手に入れにくいのが難点ではありますが、最近ではスーパーでパック状のモズクもよく見かけます。
パック状になっていれば自分で調理する必要もありませんので、一人暮らしの方から高齢者の方まで幅広い方が手軽に食べることができます。

ただモズクを選ぶときには、産地についても注目してみる必要があります。

モズクは国内産のもの以外に海外産のものも出回っていますが、できるなら国内産、しかも沖縄のものを選ぶようにしましょう。
沖縄産のモズクは、特にフコイダンが豊富に含まれていますので、より高い効果が期待できるのです。

このように、海藻を食べることで摂取できるフコイダンですが、より効果を出すためには食べるタイミングについても知っておく必要があります。

まずコレステロール値や肥満の問題が気になるという場合、ご飯を食べる前に摂取すると効果的です。
ご飯を食べる前に摂取しておくと、フコイダン成分を無駄なく体に取り入れられます。
さらに健康を考えたときには、食事の後の摂取もお勧めです。
食事の後にフコイダンを摂ることによって、体の中に入れた栄養をしっかりと吸収することができるからです。

コメントを残す

*